はしかの予防接種、受けましたか?

はしか(麻しん)が猛威を奮っています。
このたび、今年度のはしか発症患者が2年ぶりに100人を超えたという報道がありました。
100人と言うと少ないと思われるかもしれませんが、はしかの原因である麻しんウイルスは極めて感染力が高く、そこまで多いわけではないけれど重篤な後遺症や死亡例もある恐ろしい病気です。
今年は局所的な流行とされていますが、その規模は少しずつではありますが拡大しつつあるようで、決して対岸の火事ではありません。

はしかは、一度発症すると免疫が付き、一生涯にわたって継続するそうです。
つまり、「一度でもはしかを発症すれば、その後ウイルスに再度感染する可能性は極めて低い」というわけですね。
しかし、恐ろしい病気である事から、そもそも感染しないに越した事はないという事で、予防ワクチンの接種が推奨されています。
女性は特に、ですね。妊娠中の女性が麻しんウイルスに感染してはしかを発症した場合、流産・早産のリスクが高まります。

ところが、国の方針によりはしかの予防接種が甘かった時期に生まれ育った世代が居るといいます。
それは、現在26歳~39歳の人々。
通常であれば幼少期に2回接種を受けるべきところを、この世代の人々は良くて1回、下手すれば一度も受けていない人が多いというのです。
ちなみに、私もこの世代に含まれます。おそらく1回は受けていると思われますが、当時の母子手帳が手元にないので確認のしようがありません。
しかも、はしかに感染した事がないので、当時の予防接種の効果はほとんど薄れてしまっている事でしょう。
恐ろしいです。他人事じゃないです。真面目に、予防接種を再度受ける事を検討しています。

20160926

今年の感染源の一つは空港ですが、特に不特定多数の人々が行き交う場所なので、二次感染のリスクはどうしても高くなります。
空港はどうしても必要です。そこで働く人々も必要です。
だからこそ、そこで働く人々・利用する人々を感染症から守るにはどうしたらいいか、改めて考えていかなければならないのではないでしょうか。

ジカ熱の猛威はまだ続く……

リオデジャネイロオリンピックが閉幕し、約20日間にわたって続いた世界中の興奮も、今は落ち着きを見せています。
しかし、開催国であるブラジルを含む南米諸国では、今なお深刻な問題に悩まされています。
それは、少しずつ北米にも拡大しつつあるようです。

そう、ジカ熱の猛威。
治まる気配は依然として見られません。
つい先日も、新たな「人同士のジカウイルス感染」が発覚しました。

photo

しかも今回は、ただの「人同時の感染」ではありません。
ドミニカ共和国(やはりジカ熱流行国)に渡航したアメリカ在住の男性が、帰国後にパートナーの女性と性交渉を行った結果、渡航していない女性にジカウイルスの陽性反応が出たというもの。
さらに、実際にジカ熱流行国に渡航した男性の方は、ウイルスに感染してはいたものの症状は出ていないというのです。
これまで何度も書いてきましたが、ジカウイルスに感染したからといって必ず発症するわけではなく、むしろそのまま症状が表れない事の方が多いのだそうです。
しかし、今回は上記のような特異なケースだという事で、専門機関による注意喚起にも変化が出てくるかもしれない……とされています。

ちなみに、今回のカップルはコンドームを使用していなかったという事で、もしコンドームを着用していたら二次感染を防げたかもしれません。
コンドームは避妊だけでなく、今回のような病気感染のリスクも下げる効果があります。
もちろん100%防げるという事ではありませんが、使用するのとしないのとでは様々な意味で違いがあるでしょう。
そもそも男性が感染に気付いていなかった(旅行で疲れている程度だった)という事もありますが、やはり最低限の対策は必要という事なのでしょうね。

今回の発表を行ったアメリカの専門機関は、ジカ熱流行国に渡航した後の性交渉について、コンドームの使用に関する注意喚起をより厳格化する可能性を示唆しています。
実際にこういうケースが確認された以上、今後の感染拡大抑制のためにも、混乱を招かない程度に情報提供をしていただきたいところです。

補助食品を活用してダイエットを長続きさせる

スリムな体型とぽっちゃり体型だったら、どうしてもスリムな体型の方が好感を持たれやすいです。
ぽっちゃり好きな人ならいいのですが、そうでもなければ「だらけた生活をしている証拠」とか「怠惰の塊」なんて酷い言い方されてしまうのが世の常。
健康のためには多少の脂肪は必要ですが、標準を超えてしまうと様々な形で健康に悪影響を及ぼす、恐ろしい存在になります。

だから、ダイエットというものが提唱されるようになったんですね。
その方法は数えきれないほどありますが、オーソドックスなものは運動と食事のバランスを意識した方法。
何故かって? これが一番効率的だからです。
ヘルシーな食事と、毎日適度な運動。これが、痩せるための第一歩となるのです。

しかし、「社畜」という言葉がすっかり定着してしまった現代の日本で働く人々にとって、食事はともかく運動の時間を確保するのが難しい人も多い事でしょう。
そして、私みたいに「運動が苦手だから太ったんだ!」と叫びたくなる人も……(笑)
そういった場合、食事でダイエットを意識する事になります。
とにかく、1回の食事のカロリーを必要最低限まで落とさないといけません。

よくあるのが、「食事を抜く」という方法。
朝食・昼食を抜くのは推奨されていません。空腹のあまり、日中の行動に身が入らなくなってしまうためです。
というわけで、一番抜きやすいのは夜。お腹が空いてしまったら、早く寝ればいいのですから。

ただ、全く食べないよりは軽くでも食べた方が、空腹を紛らわせる事ができて長続きしやすいです。
たとえば、よくあるダイエット補助食品・ドリンクに置き換えるとかですね。
こちらの商品も、そういった「置き換えダイエット」に向いているそうです。
クレンジング酵素0

これらを活用すれば、朝食代わりにもなるので夕食を抜く必要はなくなります。
食事を完全に我慢する必要がないので、より長続きしやすくなるわけです。
本気で長続きさせたいなら、むしろ活用しない手はないでしょう。
標準体重まで落とす事ができたら、肥満に伴う健康問題から解放されますよ。

若い人も要注意!がんを早期発見・予防する方法は?

今や「国民病」の一つに挙げられており、治療が遅れると死に至る危険性もある「がん」。
その中でも、女性の死因として特に多いのが乳がんです。

フリーアナウンサーの小林麻央さんが進行性の乳がんを患っており、手術に向けて治療を開始しているという報道がありました。
この件にまつわる報道云々には思うところもありますが、すでに多くの方々が指摘しておられるので、ここでは触れないでおきます。

小林麻央さんは、現在33歳と非常にお若い世代。
「がんは若い人ほど進行が早い」と言われており、それは小林さんも例外ではないようです。
がん発症=中高年というのは、かなり偏った認識と言えます。
実際には、20~30代でもがんを発症する方はいらっしゃいますし、幼い子どもが発症するケースも実在します。

ただ、発見が早ければ早いほど、生存率も上がるとされています。
初期であれば転移している事も少なく、手術を受けても予後が良く快癒するケースが多いようです。
その後、ステージが進むにつれて状態も悪くなり、他の部位に転移しやすくなり、当然ながら生存率も下がっていきます。

photo

今は、がんの定期健診が非常に注目されています。
同じく乳がんで療養しているタレントの北斗晶さんも、定期健診を受けていた事で早期に発見する事ができたそうです。
乳がんの場合、触診でもある程度の病変を見つける事が可能です。
定期健診に通う時間がない場合、せめて触診だけでも月に最低1回は行った方がいいですよ。
がんは誰にでも発症の可能性がある上に、命に関わる重大な病気です。甘く見てはいけません。

なお、日頃の食事・運動・生活習慣が、がんの発症リスクに左右するのは有名な話ですね。
特に気を付けたいのが、喫煙・飲酒・肥満。
1つでも当てはまる人は、それだけでがんの発症リスクが高まっているので、吸い過ぎ・飲み過ぎ・太り過ぎに注意してください。
リスクがあるといっても、神経質になる必要はありません。
むしろ、神経質になりすぎてストレスが溜まり、免疫力が低下してしまっては意味がないですから。

食中毒にご用心!

気づけば、今年も梅雨の季節がすぐそこまで迫っています。
沖縄・奄美地方はすでに梅雨入りしており、他の地域も連日にわたって夏さながらの高気温を観測しているほどです。

この時期になると、特に注意したいのが飲食物の衛生管理。
高温多湿の時期は、どうしても飲食物の傷みが早くなり、食中毒のリスクも格段に跳ね上がります。
見た目は変わっていなくても、実際には目に見えない雑菌が大量に繁殖している事が多いので、「早めに食べる」という事と、保管する際の温度管理の徹底が必要です。

photo

ただ、どれだけ注意を呼び掛けていても、食中毒事件は起きてしまうもの。
先月末から今月末にかけて東京都と福岡県でそれぞれ開催されたグルメイベントでも、管理・調理が不十分だった事から集団食中毒が発生し、つい先日もゴルフ場併設のレストランで同じく集団食中毒が発生しました。
食中毒そのものは季節に関係なくリスクがあるのですが、気温・湿度の上昇に比例して、食中毒のリスクも上がっていくと考えて良いでしょう。

菌による食中毒を防ぐには、過熱調理がもっとも効果的とされています。
だいたいの菌は熱に弱いので、しっかり火を通してから食べれば、食中毒のリスクを大幅に減らす事ができます。
ただ、過熱調理してあるからといって、数日間放置したものを食べていては意味がありません。
調理の有無に関係なく、傷む前に食べきってしまいましょう。
できれば、当日中に食べきってしまうのが理想ですが、忙しくて毎日買い物をする事が難しいという人も居るでしょう。
その際は、要冷蔵・冷凍を徹底してください。

ちなみに、過熱調理をしても食中毒が起こるケースはあります。
たとえば、フグの内臓や毒キノコなど元々食べられないもの、飲食物ではなく食器類が何らかの菌に感染しているといったケースでしょうか。
飲食物ばかりに目が行きがちですが、食器類を清潔に保つ事も重要です。
そして、くれぐれも食用に向かないものは食べないように……。

長引く地震と避難生活……健康面での注意点は?

九州地方……特に熊本を襲った大地震から、5日が経過しました。
現地では懸命な救助活動の他、徐々に支援活動も活発化してきています。
しかし、依然として余震が続いており、また自宅に帰る事ができず避難生活を余儀なくされている人々も多く存在しており、支援の遅れも目立ち始めています。

避難生活が長引くと、精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまい、やがて健康面に悪影響が現れます。
もっとも指摘されているのが、車での避難生活を強いられている人に多い「エコノミークラス症候群」です。
これは、呼吸困難など命に関わる重篤な症状を引き起こす事もあり、最悪の場合は死に至る可能性もある、極めて危険な病気です。
中高年・妊娠中・出産直後の女性に多いとされていますが、男性でも発症のリスクはありますので、注意が必要です。

photo

予防策としては、こまめな水分補給に加え、体を動かす事が挙げられます。
ただ、体を動かすのはともかく、水分補給に関しては、ライフラインの寸断により難しいというケースが多いでしょう。
支援物資が届いていない地域も多いという情報があり、一刻も早い救援が望まれます。

もう一つ注意したいのが、衛生面。
断水が続いているという事は、お風呂に入れないという事でもあります。
免疫力が弱い乳幼児や高齢者の場合、感染症のリスクも出てきます。
水道が使えない以上、体を拭くためのシートに頼らざるを得ません。
しかし、日頃からの備えとして水や食料、医薬品に意識は行きますが、こういうシート類はなかなか思いつかないのではないでしょうか。
専用のシートでなくても、ウェットティッシュがあれば大いに役立つ事でしょう。

1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、2011年の東日本大震災、そして今回の地震。
震災を繰り返す度に、避難生活が長引いて健康面での問題が出てくるのですが、月日が流れると共に忘れ去られてしまいがちです。
「いつ、どこで大地震が起きてもおかしくない」という意識のもと、自宅での防災対策を今一度見直す必要があると実感させられます。

健康的な食生活の大切さ

国立がん研究センター・国立国際医療研究センターの研究チームが、興味深い研究結果を発表しました。
その内容とは、「栄養バランスの良い食事を心がけている人ほど、病死リスクが減る」というもの。
昔から「1日3食、バランス良い食事をしましょう」とあちこちで言われていますが、それらは正しかったという事が改めて立証されたわけです。

ただ、「栄養バランスの良い食事ってどんなの?」と悩む人も珍しくないでしょう。
私もそうです。栄養バランスといっても、ただ野菜や果物を食べていればいいというわけではありません。
今回の研究では、農林水産省らが作成する「食事バランスガイド」を参考にしたそうです。
こういうガイドがあるのは知っていましたが、その内容までは把握していませんでした……。

このガイドと、全国から集めた健康的な男女を集めて調査を行った結果、ガイドに掲載されているような食生活を心がけていた人ほど病死リスクが低い事がわかったわけです。
ニュースによると、「主菜」のバランスが良い人は脳血管疾患、「副菜」「果物」のバランスが良い人は循環器疾患のリスクが低いとの事。
やはり、肉類などのたんぱく質と野菜類などのバランス維持が大切なんですね。

photo

私の周りには、「肉は好きでよく食べるけど、野菜は嫌いなので食べない」という人、逆に「肉が嫌いで食べられないので、野菜ばかり食べている」という人がいます。
肉は食べ過ぎてしまうと肥満の原因になり、やがて別の病気のリスクが高まります。
野菜は食べ過ぎても太るという事はあまりなさそうですが、それだけではなかなか栄養が摂りづらい面があります。

幸い、私は肉好きですが野菜も普通に食べられるので、その気になれば「栄養バランスの良い食事」を摂る事ができます。
ただ、どうしても不規則な生活になりがちで、酷い時は夕食しか摂らない日もあります。
ですから、今の私は病死リスクが高いかもしれない……いえ、確実に高いでしょう。
心を入れ替えて、規則正しい生活と食習慣を身に着けないといけないなぁ、と実感させられました。

ヘアカラーが原因でアレルギー!?

ヘアカラーの文化は、現代の日本にすっかり根付いています。
ファッションとしてはもちろん、白髪染めも同様です。
失敗する事なく完璧に仕上げたいなら美容室へ行った方がいいですが、安価かつ手っ取り早く済ませたいなら、市販のカラーリング剤で十分です。
今は市販でもさまざまな種類のものが売られているので、自分の好みに合わせられるのもポイントが高いですね。

photo

ところが、カラーリング剤が原因でアレルギーの症状が出るという報告が、多数寄せられているそうです。
原因の大多数は、カラーリング剤に含まれる「パラフェニレンジアミン」という成分。
毛髪の内側まで浸透させつつ染めていく性質があり、染色維持に効果があるのだそうです。
そして、この成分は他の物質での代用が難しく、品質を改良する事で解決できる問題ではないとの事。
要するに、「商品が粗悪だから」という理由で起きているわけではないんですね。
そのため、消費者庁では「正しい知識を身につけてほしい」と注意を呼び掛けています。

注意すべき点は、だいたい以下の通りのようです。
・使用前に、頭皮に傷や病変部分がないか確認する。
・パッケージの注意書きをよく読んで、必ずパッチテストをする。
・前回使用時には異変がないor軽症であっても、次回使用時に重症化する可能性がある事に留意する。
・少しでも異変を感じたら、ただちに使用を中止し、専門医の診察を受ける。

重症化すると、場合によっては入院治療が必要になる事も有り得るとの事。
ですから、「軽症だから大丈夫」といって勝手に判断せず、アレルギー科など専門の医師の診察を受ける事が大切です。
まず、よほど適当な商品でもない限り、「使用前に必ずパッチテストをしてください」という注意書きがあるはずです。
面倒でも、絶対に省略してはいけません。
使用者の健康状態に関わる事ですからね。

もちろん、カラーリング剤を使わなければ、100%防げる事でもあります。
ただ、「白髪を隠したい……」とか、「雰囲気を明るく見せたい……」という人も居ます。
正しい知識を身につけて、適切な使用をすれば、カラーリング全てが悪いという事ではないのです。

日本でもジカ熱患者が……

先日、ジカ熱が流行しているという記事を更新した際に、「日本国内での発生例はない」と書きました。
しかし、昨日になって、とうとう日本国内でも感染者が確認されたという報道がありました。

photo

報道をまとめると、関東地方に住む若い男性が体調不良を訴え、診察を受けたところ、ジカウイルスに感染している事が発覚したそうです。
この男性は今月中旬にジカ熱流行国のブラジルへ渡航していたとの事。
厚労省は「この時期の日本は蚊の活動期ではなく、感染拡大のリスクは極めて低いので、落ち着いてほしい」という旨のコメントしています。
また、前回の記事でも触れましたが、ジカ熱の症状自体が軽く、感染力も低いとされています。

ただ、それでも「対岸の火事」だった感染症がついに日本でも発生した事で、どうしても不安になってしまう人は大勢います。
正直、私もまったく不安がないかと聞かれると答えは「NO」ですが、ここでいくつかの懸念が出てきています。

1つは、患者の足取り。
いくら感染力が低く、まだ寒い時期で蚊の活動期でないとはいえ、二次感染のリスクが完全にゼロというわけではありませんよね。
そこで、厚労省では帰国後の患者の足取りを追い、蚊が生息しているかもしれない環境の場合は対処を行うとしています。
さらに、妊娠中の女性はもちろん、男性に対しても注意を呼び掛けています。

もう1つは、情報伝達の暴走です。
今は中高生でも気軽に利用できるほど、インターネットが普及しています。
それに伴い、根拠のないデマが拡散されたり、患者のプライバシーが侵害されるケースも出ています。
数年前にSARSや新型インフルエンザが流行した際も、感染した患者の身元がインターネットで拡散され、執拗な誹謗・中傷にさらされました。
インターネットが普及し、情報を得られやすくなったからこそ、正しい情報を見極めて無駄な混乱を拡大させない事が重要ではないでしょうか。

ちなみに、すでにあちこちで言われていますが、「流行国への不要不急な渡航を避ける」事が、最大の感染防止策。
とはいえ、流行国の1つであるブラジルではオリンピック開催を控えており、懸念が高まっているのも事実です。

デトックスで便秘改善を狙おう!

日本はもともと菜食中心だったのですが、戦後は一般庶民も含めて生活ぶりが欧米化していきました。
それは食事にも顕著に表れており、栄養豊富な肉類を食べる機会が大幅に増えました。
そのおかげで、歴史上に残る「飢饉」だとか、今なお貧困国を中心に指摘されている「子どもの飢餓」というのは、少なくとも現代の日本では聞かなくなりました。

ただ、食生活の欧米化による弊害も存在しています。
1つは、1日に必要となるカロリーを大幅に超える食生活を摂りやすい環境になった事から、肥満体型の人が増えた事。
大昔に肥満体型の人がいなかったわけではありませんが、今は偏食の関係もあり、肥満気味の子どもが増えているとの説もあります。

もう1つは、脂っこいものばかり食べ、野菜を食べる機会が減少する事による、腸内環境の乱れ。
おまけに、今は学校の体育の授業でしか体を動かさないという子どもや、仕事が忙しすぎてスポーツに打ち込む時間がない大人が増えています。
そのせいで、腸に老廃物が溜まりやすく排出されにくくなっているのです。
その結果引き起こされるのが……もうおわかりかと思いますが「便秘」です。

photo

便秘になってしまうと、とにかく辛い事だらけですよね。
お腹は苦しいし、老廃物が体内に長時間溜まった状態になるので、肌荒れの原因にもなってしまいます。
時々、市販の下剤を使って便秘を解消するという体験談も聞かれますが、下剤に頼りすぎるのは危険です。
もっと他の、健康的な方法で便秘解消を目指しましょう。

たとえば、デトックス効果のある飲食物を、毎日の食事に取り入れる事。
食事に取り入れる事が難しくても、たとえば毎食後にデトックス効果のあるドリンクを飲むとか。
最近話題になっているコンブチャクレンズも、デトックス効果が期待できるそうですよ。

そして、がっつり運動する事が難しくても、多少は体を動かす努力をする事。
入浴後に5分間ストレッチをするだけで、適度に腸が刺激されますし、体全体がリラックスして寝付きも良くなります。
便秘に悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。