食中毒にご用心!

気づけば、今年も梅雨の季節がすぐそこまで迫っています。
沖縄・奄美地方はすでに梅雨入りしており、他の地域も連日にわたって夏さながらの高気温を観測しているほどです。

この時期になると、特に注意したいのが飲食物の衛生管理。
高温多湿の時期は、どうしても飲食物の傷みが早くなり、食中毒のリスクも格段に跳ね上がります。
見た目は変わっていなくても、実際には目に見えない雑菌が大量に繁殖している事が多いので、「早めに食べる」という事と、保管する際の温度管理の徹底が必要です。

photo

ただ、どれだけ注意を呼び掛けていても、食中毒事件は起きてしまうもの。
先月末から今月末にかけて東京都と福岡県でそれぞれ開催されたグルメイベントでも、管理・調理が不十分だった事から集団食中毒が発生し、つい先日もゴルフ場併設のレストランで同じく集団食中毒が発生しました。
食中毒そのものは季節に関係なくリスクがあるのですが、気温・湿度の上昇に比例して、食中毒のリスクも上がっていくと考えて良いでしょう。

菌による食中毒を防ぐには、過熱調理がもっとも効果的とされています。
だいたいの菌は熱に弱いので、しっかり火を通してから食べれば、食中毒のリスクを大幅に減らす事ができます。
ただ、過熱調理してあるからといって、数日間放置したものを食べていては意味がありません。
調理の有無に関係なく、傷む前に食べきってしまいましょう。
できれば、当日中に食べきってしまうのが理想ですが、忙しくて毎日買い物をする事が難しいという人も居るでしょう。
その際は、要冷蔵・冷凍を徹底してください。

ちなみに、過熱調理をしても食中毒が起こるケースはあります。
たとえば、フグの内臓や毒キノコなど元々食べられないもの、飲食物ではなく食器類が何らかの菌に感染しているといったケースでしょうか。
飲食物ばかりに目が行きがちですが、食器類を清潔に保つ事も重要です。
そして、くれぐれも食用に向かないものは食べないように……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です