インフルエンザ流行期がやってきた

今季は、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が流行しているという報道がありましたが、今度は別の感染症が流行しているという報道が出てきました。
そう、冬の風物詩の一つであるインフルエンザの流行。すでに多くのインフルエンザ患者が確認されており、学校や保育施設の閉鎖や休校が相次いでいるそうです。

20161219

インフルエンザは、その年によって流行する型が異なるとされています。そのため、できれば毎年インフルエンザの予防ワクチン接種を受けるのが良いとされています。
もちろん、病気予防の定番である手洗い・うがいも忘れずに。面倒くさがって忘れがちですが、外にはどんなウイルスや雑菌が潜んでいるかわからないので、帰宅後は絶対にやっておきたいところ。

同じく流行中のノロウイルスもそうですが、人から人へ次々と感染していくのが怖いですね。患者を看病しているうちに、自分も感染してしまうリスクがあるわけです。だから、予防接種が効果的なんです。
また、流行期に外出するなら、できればマスクを着用したいです。誰が感染しているかなんてわかりません。いつだったか、遠方へ外出した翌日に高熱を出して1週間近く寝込んでしまった事があったので、ちょっとトラウマになっています……。

私が最後にインフルエンザに感染したのは2回だけですが、もう二度とかかりたくないですね。そのくらいしんどいです。38度の高熱って、ただ横になっているだけでも辛いんです。ちょっと飲み食いしただけですぐトイレに駆け込む羽目になるし、薬を飲んでもすぐに快癒するわけではありません。
「病気だから仕事が休める!」なんて、とても言えませんよ。だって、仕事を休んだところで、結局横になっている事しかできませんから。それなら、仕事があっても健康体で居る方がずっと良いですよ。

インフルエンザ流行期は、年明け以降も続くと予想されています。皆さま、予防接種と手洗い・うがい・マスク着用を徹底してくださいね。感染したら大変ですよ。